スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


蒸気機関車 D51 1 〜 D51 200

D51 1 〜 D51 200
京都博物館
1号車

津山
2号車

旭川
6号車

行橋
10号車

札幌
11号車

流山
14号車

宇部
18号車

岩見沢
47号車

嵯峨嵐山
51号車

秋田駅構内
52号車

辰野町
59号車

小樽
60号車

京都
66号車

雫石
68号車

つくば
70号車

上越市
75号車

浜松
86号車

豊橋
89号車

新得町
95号車

碓氷
96号車

横須賀
101号車

島田
101号車

岩国
103号車

三沢
113号車

小手指
118号車

薬園台
125号車

熊谷
140号車

静岡
146号車

塩尻
155号車

岩内町
159号車

東砺波
165号車

人吉
170号車

松本
172号車

日田
176号車

大宮
187号車

豊栄
193号車

津和野
194号車

米子
195号車

京都博物館
200号車




1935〜1950年に1,115両が国内5メーカーと国鉄8工場で製造されたテンダー式貨物用蒸気機関車である。

D50形の後継機として、電気溶接の導入などで各所の改善が図られ、折からの戦時体制で貨物輸送需要が激増したことに対応して、機関車として国鉄史上最多の両数が製造された。

『デゴイチ』の愛称で現在も国民的に親しまれており、175両程度が保存展示されている。


蒸気機関車

C10 C11 C12 C50 C51 C53 C55 C56 C57 C58 C59 C60 C61 C62

D50 D51 D52 D60 D61 E10 8620形 9600形 動輪

鉄道博物館 鉄道文化むら 青梅鉄道公園 リニア鉄道館

加悦SL広場 京都鉄道博物館 SLキューロク館 ロマンスカーミュージアム

三笠鉄道記念館 小樽市総合博物館 九州鉄道記念館

ポッポの丘 東武博物館 地下鉄博物館 三枝鉄道 新津鉄道資料館 その他



トップ へ  鉄道など へ
  D51 へ