スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


蒸気機関車

C59
門司
1号車

広島
161号車

京都博物館
164号車

1941〜1947年に173両が国内3メーカーで製造されたテンダー式蒸気機関車である。

C51形の後継機としてはC53形が投入されたが、設計段階からの欠陥で故障が多発したため、安定した性能を有する後継機として本形式が登場した。

東海道〜山陽本線の優等列車の先頭に立った。

C51形から続く直径1750mmの大型動輪は本形式でも採用され、大容量の炭水車を伴って国鉄最長の蒸気機関車となった。

電化の進捗で余剰となり、一部がC60形の改造種車となった。

2013年現在、3両が保存されている。



蒸気機関車

C10 C11 C12 C50 C51 C53 C55 C56 C57 C58 C59 C60 C61 C62

D50 D51 D52 D60 D61 E10 8620形 9600形 動輪

鉄道博物館 鉄道文化むら 青梅鉄道公園 リニア鉄道館

加悦SL広場 京都鉄道博物館 SLキューロク館 ロマンスカーミュージアム

三笠鉄道記念館 小樽市総合博物館 九州鉄道記念館 横浜市電保存館

ポッポの丘 東武博物館 地下鉄博物館 三枝鉄道 新津鉄道資料館 その他


トップへ  鉄道など へ