スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


蒸気機関車

C50
北鹿浜
75号車

焼津
96号車

南相馬
103号車

小山
123号車

鈴鹿
154号車

1929〜1933年に154両が国内5メーカーによって製造されたテンダー式蒸気槻関車である。

樺太用の製造分も含めると158両に及ぶ。

戦時中には軍の要請により5両が供出されている。

1914〜1929年まで製造されていた8620形の後継として、空気ブレーキや給水加熱器などを搭載したが、その分だけ重量が増加し、曲線通過性能も低下したため、むしろ8620形より扱いにくいとされ、早い時期から入換に従事することも多かった。

1960年代から廃車が進み、2013年現在の保存機は全国でも6両に留まる。



蒸気機関車

C10 C11 C12 C50 C51 C53 C55 C56 C57 C58 C59 C60 C61 C62

D50 D51 D52 D60 D61 E10 8620形 9600形 動輪

鉄道博物館 鉄道文化むら 青梅鉄道公園 リニア鉄道館

加悦SL広場 京都鉄道博物館 SLキューロク館 ロマンスカーミュージアム

三笠鉄道記念館 小樽市総合博物館 九州鉄道記念館 横浜市電保存館

ポッポの丘 東武博物館 地下鉄博物館 三枝鉄道 新津鉄道資料館 その他


トップへ  鉄道など へ