スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


蒸気機関車 78675

歴史民族史跡公園
奈良県 五條市 新町
北緯34度21分01秒 東経135度41分28秒


大正初期に製作された旅客列車の機関車である。

8620形は我が国初めての国産機関車で、高速運転に都合よく設計され、特に先台車は1軸台車でありながら2軸台車の作用をしているのも8620形にみである。

大正14年までに687両が製造され、「ハチロク」の愛称を以て親しまれてきた。

終戦後、昭和24年奥羽本線(福島-米沢)の43kmが電化されたのを皮切りに、各幹線の電化・近代化が進み8620形は減少の一途をたどり、昭和47年4月には五能線(秋田)、唐津線(長崎)に合わせて30両を残すのみとなった。

洗練されたスタイル、三調和音の汽笛、大きな動輪はいつまでも当時の勇姿を忍ばせるものである。


主要諸元
製造 川崎車輌
製作 大正14年1月13日
製作費 6,185,800円
最大寸法 長さ 16.765m
2.580m
高さ 3.785m
最高使用圧力 13.0kg/cm2
火格子面積 1.63m2
全伝熱面積 110.90m2
石炭積載量 6t
水槽容量 13.0m3
缶水容量 4.2m3
シリンダー直径 0.470m
ピストン行程 0.610m
機関車重量(炭水車を除く) 44.54t
炭水車重量 15.50t
機関車重量 60.04t
運転整備 83.33t
動輪直径 1.600m
先輪炭水車輪直径 0.940m
最大馬力 688馬力
最大牽引力 9.3t
最高速度 時速95km
主な運転区間 姫新線、芸備線、和歌山線
総走行距離 2,587,645.1km


トップへ  戻る