スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 D51 465 動輪

D51 465 動輪
追分駅(JR北海道 室蘭本線、石勝線)
北緯42度52分25秒 東経141度48分41秒

展示されている動輪と主連棒はD51 465号機のものである。

465号機は昭和15年に製造され、以来、北海道貨物輸送の花形として活躍した。

追分機関区には、昭和48年、小樽築港機関区より転属、夕張線室蘭本線の石炭輸送を担い、昭和51年にその使命をDLに譲り、静かにその火を消した。

晩年の静態保存されていたが、昭和51年4月13日に追分機関区車庫の火災により僚友のSL4両とともに消失してしまった。

展示されている動輪を支えている左側のレールは、1898年(明治31年)にアメリカのイリノイ社で製造され日本に輸入され阪鶴鉄道(私鉄)で使用されたものである。

その後、大正5年に追分機関区転車台の側線となり、昭和58年8月、転車台改造時に発見された。

右側のレールは北海道官設鉄道が発注し、アメリカのカーネギー社が1900年(明治33年)に製造したものである。

*********************************************************************
D51 465 動輪
伏見台公園トリムコース入口付近
北緯42度59分57秒、東経141度46分41秒


トップへ  D51へ  動輪へ