スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


旧日本軍 戦跡 防空監視哨跡

群馬県 みどり市 東町
北緯36度31分22秒 東経139度18分42秒
2021年

この防空監視哨は、昭和17年に造られた。

地下式簡易集音壕と詰所があったが、詰所は残っていない。

集音壕は直径約4mで、ラッパ状に開き音を集めていた。

集音壕の上には茅葺きの屋根が架けられていた。

この監視哨では36名の隊員が2人1組1時間交代で警戒に当たり、1人が集音壕の周りを歩き空からの爆音や敵機を確認し、通信士が前橋の監視隊本部に報告していた。

防空監視哨は群馬県内に39箇所(44個所という説もあり)造られたが、現存するものは、ここ花輪と長野原町の2箇所のみである。


トップへ  戻る