スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 C11 155

こどもサイエンスプラザ
岐阜県 大垣市 室本町5−51
北緯35度21分54秒 東経136度36分28秒


C11型機関車は、昭和7年から昭和22年までの16年間にわたって大量に製造されて機関車で、全国的に「鉄路あるところC11の機影見ざるところなし」といわれていたほど、ローカル線の旅客、貨物輸送、また構内の客車や貨物の入替え用など、小型ながら汎用性に富んだ「鉄路の花」として全国的に知られていた機関車である。

展示されている車両は昭和15年8月22日に製造されたもので、主に米原〜豊橋間、大垣〜武豊間などで活躍し、昭和47年4月15日に旧国鉄樽見線で「さよなら運転」を最後に引退した。

総走行距離は1,323,651.5kmであった。


トップへ  戻る