スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


MIATモンゴル航空

設立は1946年
1996年4月に日本への定期運航(関西国際空港〜ウランバートル)を開始した。
成田路線へは通年運航で、関西国際空港への乗り入れは夏季のみ。

機体のデザインに青を使用している理由は
1.モンゴル人は昔から青色を大切な色と考えているため
2.飛行機が飛ぶ空がいつも澄んだ青色であるようにという願い
                                 を意味している。
尾翼には馬の頭が描かれている。
モンゴル人の生活は古くから現在にいたるまで馬とはきってもきれない関係にあるためと、馬の頭は幸運を呼ぶと考えられている事に由来している。

*********************************************************************
A310-304

F-OHPT

JU-1010
日本路線への投入は1998年6月20日(関西国際空港〜ウランバートル)だった。

*********************************************************************
A310-304

JU-1010
2008年からモンゴル籍のレジスタを身に纏った機体も飛来するようになった。

*********************************************************************
A330-343

TC-SGJ

*********************************************************************
B737-71M 新塗装

JU-1087

*********************************************************************
B737-800 新塗装
B737-8CX
EI-CXV
B737-8AS
EI-CSG
B737-8SH
JU-1015
新塗装は馬をモチーフとしたロゴを機体側面に大きく配置され、鮮やかなイエローが加わった。
新塗装の登場は2011年10月、日本の空港への初飛来は2011年10月26日

*********************************************************************
B737-800
B737-8CX
EI-CXV
B737-8AS
EI-CSG

*********************************************************************
B737-8SH ボルシア・ドルトムント

JU-1015
尾翼のロゴマークは、ドイツのサッカーチーム「ボルシア・ドルトムント」のエンブレム
MIATモンゴル航空とボルシア・ドルトムントは2016年春からパートナー提携の交渉を進め、これを記念して登場した特別塗装機である。

*********************************************************************
B737-8SH 後方にモンゴルの地図

JU-1015

*********************************************************************
B737-8CX ロゴ付き

EI-CXV
「VISIT MONGOLIA 2003」のステッカーが付いている。

*********************************************************************
B767-300/ER
B767-3WO/ER ウィングレットなし
JU-1011
B767-3BG/ER
EI-FGN
B767-34G/ER ウィングレット付き
JU-1021


トップへ  戻る


OM MGL MIAT-Mongolian Airlines