スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 C11 265

半田市民ホール
愛知県 半田市
北緯34度53分40秒 東経136度55分52秒

明治19年3月東海地区で初めて鉄道として開通した武豊線は、1世紀を超え地域の発展に大きく貢献していた。

蒸気機関車は「汽車ポッポ」の愛称で永く市民に親しまれてきたが、昭和46年6月30日国鉄の動力近代化計画により、その姿を消した。

その時の「さよなら列車」を牽引した蒸気機関車C11 265の保存について多くの市民から強い要望があり、半田市は名古屋鉄道管理局を通じて国鉄本社に貸与方を申請し、昭和46年3月27日半田市民ホールに静態保存機関車として展示してきた。

その後、平成19年9月にJR半田駅北側へ移転展示となった。


略歴
製造年月日 昭和19年 4月 9日
廃車年月日 昭和45年10月26日
製造会社 名古屋市 日本車輛製造株式会社
所属機関区 昭和19年4月19日 中津川機関区
昭和25年3月12日 名古屋機関区
昭和44年9月30日 稲沢第一機関区
運転線区 明知線
武豊線
総走行距離 1,108,037km


主要諸元
最高速度 85km/h
出力 718馬力
動輪直径 1520mm
全長 12,650mm
全幅 2,936mm
全高 3,900mm
重量 運転整備重量 68.06トン
空車重量 52.20トン


トップへ  戻る