スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 C11 368

中野文化センター
北緯35度42分16秒 東経139度40分15秒

C11は代表的なタンク機関車で、昭和7年にC10の改良型として都市近郊や支線の旅客用に誕生したが、やがて貨物用や入替え用へと用途をひろげ、15年間で400輌近く製造された。

展示されている機材は昭和21年製で、第4次製造に含まれる車輌である。

標準型と異なり炭車上部が斜でなくなったり、サイドタンクやキャブ下側の線が変更されたりしている。

昭和47年まで石巻線(宮城県 石巻〜女川)で活躍し、廃車になるまでに約113万kmを走破した。


主要諸元
車軸配置 1C2
動輪直径 1,520mm
最高速度 85km/h
シリンダー(直径×行程) 450×610mm
使用圧力 15.0kgf/cm2
火格子面積 1.60m2
全伝熱面積 104.1m2
ボイラー水量 3.8m3
小煙管(直径×長さ×数) 145mm×3,200mm×87本
機関車総重量(運転整備) 68.06t
機関車総重量(空車) 52.50t
最大軸量 13.13t
炭積載量 3.0t
水積載量 6.8m3
シリンダー引張力 9,840kg
粘着引張力 9,848kg
最大動輪周馬力 610ps


トップへ  戻る