スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


旧日本軍 掩体壕

茨城県 鹿嶋市 光(1基)

北緯35度56分15秒 東経140度39分40秒
2009年
2020年



昭和19年4月 神之池海軍航空隊がこの場所(現在、住友金属工業 鹿島製鉄所の敷地となっている)に開設され、予科練や予備学生出身の将兵達が訓練していた。

戦争が激しくなるにつれ、721航空隊と改称され神雷部隊として特攻機「桜花」の訓練基地となった。

この飛行場には、一式陸攻という双発機や零戦という戦闘機などが配備され、それらの飛行機を敵の襲撃から守るため格納庫から「掩体壕」に移した。

ここに保存されている掩体壕は上部を土で覆い、草や木を植えて敵機から発見され難くしたものである。

このような掩体壕は飛行場周辺に十数箇所あったが、現在ではこの掩体壕しか残されていない。

主要緒元
高さ 4.4m
間口 15.3m
奥行 13.0m
構造
 ・コンクリート構造で厚さは25〜70cm

工法
 ・土で造った山の上に金網を敷き、その上にコンクリートを流し、固まったあと内部の土を掻き出して造られた。アーチ式構造で当時としては大規模なものであった。


トップへ  戻る


IJA Imperial Japanese Army Wartime Concrete Aircraft Hangars