スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 C11 217

2008.09.20
高岡古城公園(富山県 高岡市)

明治30年、中越線(現在の城端線)が富山県で初めて蒸気機関車が走り始めた。

明治31年、北陸線が米原から高岡まで開通した。

展示されている車輌は、昭和16年7月に製造された。

昭和36年末までは多治見機関区、名古屋機関区、昭和37年から昭和43年7月まで七尾機関区で運転されていた。

その後、昭和43年8月から昭和44年9月まで富山第一機関区高岡支所に配置され、城端線や氷見線で活躍した。

総走行距離は約104万kmである。


主要諸元
全長 12.65m
2.936m
高さ 3.94m
指示馬力 718馬力
動輪直径 1.52m
重量 52.2t
運転整備重量 68.0t
最高速度 85km/h
総走行距離 約1,040,000km


トップへ  戻る